美容師を目指すなら美容専門学校へ

美容師を目指すなら美容専門学校へ

美容師さんはおしゃれで、素敵な職業です。中高生には憧れの職業です。美容師さんにはどうやってなれば良いのでしょうか。まずは、美容師になるためにはほとんどの方が美容専門学校に通う必要があります。それぞれの学校で異なりますが、2年間の課程を修了する必要があります。その後、美容師の国家試験に受からなければなりません。美容専門学校は、一般の学校のように昼間に通えるところもあります。また、夜間課程や通信課程の学校もあるようです。自分の生活に合わせて、選ぶことも可能です。インターネットなどで検索すれば、自分の住んでいる地域の専門学校の情報が得られます。ほとんどの学校では高校卒業後からの受け入れになっていますが、現在は、中学卒業からでも受け入れてくれるところもあります。美容師になりたいという夢を簡単にあきらめないで下さい。

美容専門学校は和装も学べる

美容専門学校では、和装の勉強も出来る所が多いです。成人式や卒業式、結婚式では今も和装をする人がおり、着付けやメイクなどは美容院にお願いするパターンが一般的です。そのため、美容院で働くためには、最新の洋装ファッションやメイクだけでなく、伝統的な和装も学ぶ必要があります。美容専門学校で和装の基本を学んでおくと、実際に美容院へ就職した後に必ず役立つでしょう。素早く着付けを行うには、就職後の経験の積み重ねが重要になります。しかし学校で基本を学んでおけば、経験が浅い段階で和装希望のお客さんが来ても、冷静に対応できます。和装にも流行があり、着物の柄はもちろん、髪型やメイクも年によって変化しています。学校では、現在の和装トレンドを教えてもらえます。美容院への就職を考えている人はもちろん、和装に興味がある人も、美容専門学校で学ぶことを検討してはいかがでしょう。

美容専門学校でサポートしている資格

美容専門学校で取得を目指せる資格は、美容師や理容師の国家資格以外にもあります。具体的には、ネイリストやエステティシャン、着物の着付け師やアロマテラピストなど、美容に関する様々な資格の取得をサポートをしています。中には資格を実施している団体から、認定校に指定されている学校もあります。認定校指定は、その道のスペシャリストとしての適正な教育がなされているという証です。もしも理美容師以外に取りたい資格があるなら、資格サポートの面から美容専門学校を探すのも良いでしょう。認定校になっている所に的を絞るのも1つの方法です。学校によって、対応している資格は様々です。ネイルやエステ、着付け関係は、扱っている学校が多いです。資格を取るのは大変ですが、独学よりも学校のサポートがある分、取得に有利です。美容系資格に関心がある人は、美容専門学校で支援している資格をチェックしてみましょう。